『建築家 安藤忠雄」

  • 虫歯治療
  • 小児歯科
  • 親知らず治療
  • インプラント
  • 審美歯科
  • 歯周病治療
  • 予防歯科
  • ホワイトニング
  • マタニティ歯科
  • 小児矯正
患者様が驚く痛くない治療の秘密
初めての方へ
精密治療
マタニティ歯科
小児矯正
歯の豆知識
診療科目subject
医院メニューmenu

『建築家 安藤忠雄」

2014年10月27日│院長・スタッフ│

皆様、こんにちわ。

広島県 呉 歯医者 ふかみスマイル歯科 院長の鶴井弘毅です。

最近は朝晩がめっきり寒くなってきましたね。

みなさまも、風邪とかにお気をつけください。

 

本日は僕の趣味の一つである読書から最近読んだよかった本を紹介したいと思います。

 

この本の一文は僕の心の琴線にすごく響きました・・・

 

「建築家 安藤忠雄」

img078

安藤忠雄さんってご存知ですか?

日本を代表する建築家で、有名なところではサントリー美術館や表参道ヒルズをデザインされた方です。

前々からすごい人だなあ、と思っていたので安藤さんが初めて書いた自伝を読むことにしました。

ここからはネタばれもありますのでくれぐれもご注意を!

 

安藤さんは大阪出身でもともとはボクサーを目指していました。

ただその当時のボクシングのスターファイティング原田氏のボクシングを見て

「自分には到底かなわない」と思いボクシングを辞め建築の道を志していく。

 

ただどこかの大学に行ったわけでなく独学で建築を学んでいく

その過程において海外に視察に行き色々な建築とであった。

そこから色々な建築を通じての人生が描かれています。

 

僕がこの本を読んで共感したのが彼が「戦う建築家」と自認しているところです。

建築家はある意味自分の理想を提示する、ただクライアント(依頼主)はそう思っていない。

そういったやり取りの中でたいていはうまくいかなかった。

ただあきらめずに続けていけたからこそ道が開けていった

 

僕もそうで今の自分に至るまで、もがき苦しみ考えながら進んできました

だからこそ「あきらめない」という言葉の重みを肌で感じているのかもしれない。

 

最後に安藤氏は著書でこう書いている一文が僕の心を打ちました

 

何を人生の幸福と考えるか、考えは人それぞれでいいだろう。

私は、人間にとって本当の幸せは、光の下にいることではないと思う。

その光を遠く見据えて、それに向かって懸命に走っている、無我夢中の時間の中にこそ、人生の充実があると思う。

 

 

僕も自分の夢に向かって一生懸命邁進していく所存です!

 

 

の記事一覧

院長ブログ記事一覧

24時間かんたんインターネット予約はこちら(初診の方のみ)
  • ご予約のお電話はこちら
  • お問い合わせフォームはこちら

〒737-0076

広島県呉市吾妻2-9-29