パウダーメインテナンス

  • 虫歯治療
  • 小児歯科
  • 親知らず治療
  • インプラント
  • 審美歯科
  • 歯周病治療
  • 予防歯科
  • ホワイトニング
  • マタニティ歯科
  • 小児矯正
患者様が驚く痛くない治療の秘密
初めての方へ
精密治療
マタニティ歯科
小児矯正
歯の豆知識
診療科目subject
医院メニューmenu

パウダーメインテナンス

2020年08月08日│院長・スタッフ│

パウダーメインテナンスという言葉を聞いたことがありますか?

 

メインテナンスとは、口腔内の健康を維持していくための定期的なケアのことで、パウダーメインテナンスとは、歯に微細な粒子をスプレーのように吹き付けることでプラーク(歯の汚れ)を除去する最新の口腔内メインテナンス方法のことです。

この最新の方法は、回転器具や超音波のみを用いた従来のメインテナンス方法に比べて以下の3つの特徴があります。

 

【➀プラークの除去効率が高い】

現在多くの歯科医院で行われている、回転器具や超音波のみを用いたメインテナンス方法は、口腔内の細菌を大幅に減らし、口腔内の環境をよりよく保つためにとても高い効果があります。

しかし、器具が入らない隙間に対してはどうしても取り残しが発生してしまいます。

パウダーメインテナンスでは、平均粒径14μmという非常に微細な粒子を吹きつけることで、通常の器具では到達できない部位の清掃も可能です。

また、清掃が難しい部位に手間取ることも少ないため、より素早い清掃が可能となっています。

 

【②歯を傷つけるリスクが少ない】

従来のメインテナンス方法は器具や超音波チップを歯にあてることでプラークを除去していました。この方法は、プラークを除去するのにとても良い方法なのですが、顕微鏡単位でみると微細な傷がつくリスクもありました。

パウダーメインテナンスは、粒子を歯に吹きつけることでプラークを除去するため、過剰な力が歯にかかることもなく、従来の方法に比べて歯を傷つけない、より安全なメインテナンス方法となっています。

 

【③痛くない】

従来のメインテナンス方法に比べて、清掃の難しい所を何度も触ることが少なく、1回あたりの歯へのダメージもほとんどないため、必然的に痛みが生じにくいです。

 

このように、パウダーメインテナンスは、「より早く、より広範囲に、より安全に、痛みなくメインテナンスを確実に行える」という非常に優れたメインテナンス方法となっています。

 

当院では、以前からこのパウダーメインテナンスに注目しておりましたが、以前から粒子に用いられている炭酸水素ナトリウムと呼ばれる物質は、清掃されているときに感じる味や使う粒子の大きさなどに課題があり、より改善されるのを待っておりました。

それが、エリスリトールと呼ばれる物質も粒子として使われるようになり、ついに患者様にもご満足いただけるレベルに達したと判断し、当院でもパウダーメインテナンス専用の機材を導入しました。

 

パウダーメインテナンス専用の訓練を行った歯科衛生士による、世界最高品質の機材を用いたパウダーメインテナンスをぜひご利用ください。

 

従来のメインテナンスを定期的に受けている方も、パウダーメインテナンスにご興味があれば是非スタッフに一声いただけますと幸いです。

 

の記事一覧

歯の豆知識記事一覧

24時間かんたんインターネット予約はこちら(初診の方のみ)
  • ご予約のお電話はこちら
  • お問い合わせフォームはこちら
カテゴリ一覧category
記事一覧articles
地図・交通案内access

〒737-0076

広島県呉市吾妻2-9-29