フッ素って安全なの?

  • 虫歯治療
  • 小児歯科
  • 親知らず治療
  • インプラント
  • 審美歯科
  • 歯周病治療
  • 予防歯科
  • ホワイトニング
  • マタニティ歯科
  • 小児矯正
患者様が驚く痛くない治療の秘密
初めての方へ
精密治療
マタニティ歯科
小児矯正
歯の豆知識
診療科目subject
医院メニューmenu

フッ素って安全なの?

2014年11月01日│院長・スタッフ│

虫歯予防には、甘いものを食べたり飲んだりする回数を減らすことが一番です。

ときどき甘いものを食べてしまう人のための、積極的な手助けの方法があります。

それはフッ素を含む薬剤を虫歯になりやすい歯面に塗ったり、フッ素を含む溶液で口をゆすいだり、あるいはフッ素を含む歯磨き剤を使う方法です。

日本の子供たちがアメリカの子供たちよりもずっと砂糖を摂っていないのに虫歯が多い原因は、日本でフッ化物を利用した虫歯予防が進んでいないためだと言いきれます。

 

虫歯予防を考えるときには虫歯になることのマイナスとフッ素の害を比較しないといけません

虫歯治療時の危険、歯の中の血管を通して血流に流れ込む最近の害、虫歯の穴に詰める合金に含まれる重金属の危険。

そして治療した歯は何年か経つと再び虫歯になるリスクがあります。

 

国が虫歯予防としてフッ素を使おうとすると骨の病気やひどいものでは発がん性の疑いを論じて反対の声が上がることがあります。

ただ自然のままで虫歯にならないようになればいいのですが、現代社会においてフッ素を用いた予防を行う方が虫歯になって治療するより効果が高いと言えます。

 

皆様も年齢に応じた(幼児期、学童期、成人期、高齢期)予防のやり方も変わってきます

詳しく知りたい方は是非一度ご連絡ください

IMG_0271

当院で使っている虫歯予防の歯磨き粉 チェックアップ

 

 

の記事一覧

歯の豆知識記事一覧

24時間かんたんインターネット予約はこちら(初診の方のみ)
  • ご予約のお電話はこちら
  • お問い合わせフォームはこちら
カテゴリ一覧category
記事一覧articles
地図・交通案内access

〒737-0076

広島県呉市吾妻2-9-29