一日の糖分摂取量はスプーン6杯まで

  • 虫歯治療
  • 小児歯科
  • 親知らず治療
  • インプラント
  • 審美歯科
  • 歯周病治療
  • 予防歯科
  • ホワイトニング
  • マタニティ歯科
  • 小児矯正
患者様が驚く痛くない治療の秘密
初めての方へ
精密治療
マタニティ歯科
小児矯正
歯の豆知識
診療科目subject
医院メニューmenu

一日の糖分摂取量はスプーン6杯まで

2015年10月10日│院長・スタッフ│

WHO(世界保健機関)が砂糖などの糖類の一日あたりの摂取量を沿うエネルギー摂取量の5%未満に抑えるのが望ましいという新たな指針を正式に発表したことが話題となっている

 

WHOでは肥満や生活習慣病を予防するため、脂肪、炭水化物、糖類、などの一日の摂取量を示すガイドラインを制定している

これまで単糖(ブドウ糖やフルクトース)や二糖(ショ糖や砂糖)に該当する有利糖類の摂取目標を一日に摂取する全カロリーのうち10%未満としていた

 

今回発表された新しいガイドラインでは、1日の糖分摂取量を10%未満に抑えることを「強く勧告する」とした上で、さらに可能であれば5%未満に抑えることで「とり健康に良い効果が得られる」としている

 

5%というと一般的な成人のカロリーで計算すると1日あたり約25g、小さじ6杯分の砂糖に相当する

ソーダなどの砂糖入り飲料には、一缶あたり約40gの砂糖が含まれており、1本ジュースを飲むだけで25gを超えてしまうことになる

またジュースだけでなく市場に出回っている様々な食品にも多くの砂糖が含まれており気をつけなければ5%をすぐにオーバーしてしまう

 

WHOの調査によると1日10%以上の糖分を摂取することで肥満や虫歯になる確率が飛躍的に上がります

現実問題として1日の糖分摂取量を全カロリーの5%以内に抑えることは難しいにしても、虫歯予防のために糖分の過剰摂取は注意しなければならないと思う。

 

当院でも虫歯の予防に対する様々な取り組みを行っているので、気になる方はご連絡ください!

mushiba_img_01

 

の記事一覧

歯の豆知識記事一覧

24時間かんたんインターネット予約はこちら(初診の方のみ)
  • ご予約のお電話はこちら
  • お問い合わせフォームはこちら
カテゴリ一覧category
記事一覧articles
地図・交通案内access

〒737-0076

広島県呉市吾妻2-9-29