新しい入れ歯、なんでもすぐ食べれるの?

  • 虫歯治療
  • 小児歯科
  • 親知らず治療
  • インプラント
  • 審美歯科
  • 歯周病治療
  • 予防歯科
  • ホワイトニング
  • マタニティ歯科
  • 小児矯正
患者様が驚く痛くない治療の秘密
初めての方へ
精密治療
マタニティ歯科
小児矯正
歯の豆知識
診療科目subject
医院メニューmenu

新しい入れ歯、なんでもすぐ食べれるの?

2014年10月21日│院長・スタッフ│

当院の患者さんにHさんという患者さんがいます。

長い間入れ歯が合わなくて苦労していました。

その入れ歯はもうHさんの顎の形にあっておらず、新しい入れ歯を作りました

 

入れた当日Hさんは

「すごくぴったり、とってもいい感じ」と喜んでお帰りになられました。

入れ歯を入れてから3日後の調整のときに顔色がさえません

聞けばとっても具合のいいと思っていた入れ歯の調子がよくないみたいなのです

 

詳しく聞くとHさん新しく入れ歯を入れたのがうれしくて「せんべいを食べる」「するめを食べる」夕食には「焼肉まで食べてしまった」のです

初めは調子の良かった入れ歯も、そのうちあちこちが痛くなって思うように噛みきれない、ついには食べたくなくなるまでになりました

 

いくら良く足にフィットした皮靴でも長い時間歩くとすれて傷になるのと同じで、新しい入れ歯も入れたその日から何でもかんでも食べると顎に痛みが生じます

車でもならし運転が必要なように、入れ歯もならして使う時期が必ず必要です。

 

その時の心得として

①入れ歯はあくまで道具なので慣れることが必要と思う

②硬いものは慣れてから食べる

③ゆっくり時間をかけながら食べる

 

一か月はリハビリ期間と思ってゆっくり使っていくといいですよ。

20070316_174819

の記事一覧

歯の豆知識記事一覧

24時間かんたんインターネット予約はこちら(初診の方のみ)
  • ご予約のお電話はこちら
  • お問い合わせフォームはこちら
カテゴリ一覧category
記事一覧articles
地図・交通案内access

〒737-0076

広島県呉市吾妻2-9-29