歯の病気と遺伝って関係あるの?

  • 虫歯治療
  • 小児歯科
  • 親知らず治療
  • インプラント
  • 審美歯科
  • 歯周病治療
  • 予防歯科
  • ホワイトニング
  • マタニティ歯科
  • 小児矯正
患者様が驚く痛くない治療の秘密
初めての方へ
精密治療
マタニティ歯科
小児矯正
歯の豆知識
診療科目subject
医院メニューmenu

歯の病気と遺伝って関係あるの?

2014年12月11日│院長・スタッフ│

皆様、こんにちわ。

広島県 呉市 歯科医院 ふかみスマイル歯科 院長の鶴井です

 

「あたしの親も歯が弱かったから、私も歯が弱いのよ」といわれることがあります

果たして本当にこんなことがあるのでしょうか?

 

歯の病気も遺伝によっ左右される一面を持っています。特に虫歯、歯周病、歯並びは遺伝の影響が少なくありません

虫歯は口の中の細菌によって作られるのですが、その細菌が葉の表面にくっつくために必要な唾液中のペリクルと呼ばれる糖タンパクの性状は、遺伝的に違いがあることが知られています。

唾液の中には免疫物質が含まれていますが、これも遺伝的影響を受けます。

 

歯並びが遺伝的影響を受けることは一般的によく知られています

下あごの骨が頭蓋に対して大きい問題(骨格性の下顎前突)はかみ合わせやあごの機能にとってしばしばマイナスに働きますが、これは遺伝によるものです

 

犬歯が外に飛び出た八重歯や、がたがたの歯並び(叢生)などは遺伝の影響があまりないようです

img010

歯の大きさや形は遺伝的に決まるものですが、あごの形や大きさは生まれてからあとのあごの使い方力のかかり方によって変わります。

 

いずれにしても親の歯が悪いからといって子供の歯が必ず悪くなることはありません。

虫歯や歯周病、歯並びに至っても症状が軽いうちに診させていただくと今は重症化することは少ないです

 

当院でも予防歯科を推奨しているので気になる方はご連絡ください。

 

の記事一覧

歯の豆知識記事一覧

24時間かんたんインターネット予約はこちら(初診の方のみ)
  • ご予約のお電話はこちら
  • お問い合わせフォームはこちら
カテゴリ一覧category
記事一覧articles
地図・交通案内access

〒737-0076

広島県呉市吾妻2-9-29