歯をできるだけ削らない治療(ミニマルインターベンション)

  • 虫歯治療
  • 小児歯科
  • 親知らず治療
  • インプラント
  • 審美歯科
  • 歯周病治療
  • 予防歯科
  • ホワイトニング
  • マタニティ歯科
  • 小児矯正
患者様が驚く痛くない治療の秘密
初めての方へ
精密治療
マタニティ歯科
小児矯正
歯の豆知識
診療科目subject
医院メニューmenu

歯をできるだけ削らない治療(ミニマルインターベンション)

2017年04月30日│院長・スタッフ│

いつまでも自分の歯で食事できるかどうかは健康寿命や幸福感を大きく左右するすることが分かってきている

実際80歳で自分の歯を20本以上保とうという8020運動は良く知られている
80歳以上で20本以上の歯を有している人は年々増加しており平成5年11%、平成11年、13%、平成17年21%、平成23年28%と右肩上がりになってきている
その背景には出来るだけ歯を治療するときは必要最小限度歯を削るようにしようという取り組みがある

必要最小限の削除で歯を治療することはミニマルインターベンションといい21世紀に入って歯科の潮流になっています
多くの人に知れ渡ってないのが治療した歯でも数年立つと治療した周りから虫歯になり再治療が必要なことがあります

なので従来は予防拡大と言って悪くなりそうなところはあらかじめ削って治療する方法から悪いところだけ選択的に治療するようになりました

またミニマルインターベンションで用いられるコンポジットレジンは歯に直接くっつき(接着)見た目もいい事から非常に患者さんに喜ばれています

当院でも積極的にミニマルインターベンションを取り入れています
従来の金属の銀歯で行う治療に疑問や改善を思っている人には非常にいい治療だと思います!
c_06

の記事一覧

歯の豆知識記事一覧

24時間かんたんインターネット予約はこちら(初診の方のみ)
  • ご予約のお電話はこちら
  • お問い合わせフォームはこちら
カテゴリ一覧category
記事一覧articles
地図・交通案内access

〒737-0076

広島県呉市吾妻2-9-29