永久歯が少ないお子様は、歯医者に!

  • 虫歯治療
  • 小児歯科
  • 親知らず治療
  • インプラント
  • 審美歯科
  • 歯周病治療
  • 予防歯科
  • ホワイトニング
  • マタニティ歯科
  • 小児矯正
患者様が驚く痛くない治療の秘密
初めての方へ
精密治療
マタニティ歯科
小児矯正
歯の豆知識
診療科目subject
医院メニューmenu

永久歯が少ないお子様は、歯医者に!

2015年12月30日│院長・スタッフ│

永久歯が生え変わる時期になっても一部の歯が生えてこない、そんな先天性欠如歯の子供は珍しくない

形成異常の一つで病気ではないが、永久歯の数が足りないと噛み合わせや顎の成長などに影響が出る場合が指摘されている

 

日本小児歯科学会の調査によると、7歳以上の子供15544人nのうち約一割に当たる1568人は永久歯が一本足りなかった

第二小臼歯と側切歯がない場合が多く、乳歯が足りない子供0.5%程度いました。

日本大学歯学部歯科矯正科の田村准教授によると「先天性欠如歯は遺伝的要素が強く、初期から歯の原基が形成されてないか、原基が形成されていても発熱や服薬などなんらかの原因により形成が阻害されると考えられる」と述べている。

また最近では1~2本足りないというレベルではなく6本以上足りない人も見受けられます。

放置しておくと歯の隙間が開くことに加え対合歯の異常放出やかみ合わせが深くなることで顎関節症に繋がる可能性もあります。

 

乳歯が永久歯に生え変わる時期は6~12歳です。先天性欠如歯は本人や家族が気づかないことも多く虫歯のレントゲンで発見されることもしばしばあります

深刻なケースでは矯正治療が必須になることもあり、その後ブリッジやインプラントが必要となることもあります

 

当院では小児の予防矯正を推奨しています、気になる方は一度相談していただけると詳しくアドバイスすることができますよ!

img064

の記事一覧

歯の豆知識記事一覧

24時間かんたんインターネット予約はこちら(初診の方のみ)
  • ご予約のお電話はこちら
  • お問い合わせフォームはこちら
カテゴリ一覧category
記事一覧articles
地図・交通案内access

〒737-0076

広島県呉市吾妻2-9-29