矯正歯科治療 QandA

  • 虫歯治療
  • 小児歯科
  • 親知らず治療
  • インプラント
  • 審美歯科
  • 歯周病治療
  • 予防歯科
  • ホワイトニング
  • マタニティ歯科
  • 小児矯正
患者様が驚く痛くない治療の秘密
初めての方へ
精密治療
マタニティ歯科
小児矯正
歯の豆知識
イベント通信
診療科目subject
医院メニューmenu
求人募集recruit

矯正歯科治療 QandA

2019年01月04日│院長・スタッフ│

Q矯正治療は見た目を綺麗にするイメージがあるのですがそれだけでいいのでしょうか?

口元を綺麗にするだけでなく噛み合わせは大切です。

噛み合わせが悪い不正咬合があると咀嚼がうまく出来ない、歯磨きがやりづらいなどの理由によりむし歯や歯周病になりやすくなります。

噛んだ時のバランスが悪ければ、顎に負担がかかり歯の寿命を短くすることに繋がります。

矯正治療を行うことで、不正咬合を改善しお口の管理しやすい整った歯並びにすることにより、お口の中の健康の条件を満たしていきます。

 

Q矯正治療に抜歯は必要ですか?

歯を保存するために口の中を健康に保つことが歯科医師の仕事なので、基本的には極力抜歯したくないと考えます。

精密検査の結果から調和なある噛み合わせの実現が現在の歯の数を維持しては難しい、口元の審美的な問題や口が閉じにくいなどの問題が解決できないと判断された場合には抜歯を選択する時があります。

ただ近年の治療技術や医療用材料の進歩によって、これまで抜歯が必要だったり、手術によって顎骨の位置を移動させることが必要だったりした場合でも、抜歯せずに矯正治療だけで済ませることが出来るようになってきました。

 

Q抜歯をする歯は決まっているのですか?

治療期間を短縮したり、見た目の改善を行いやすいのは前から4番目の歯であると考えられています。

しかし他に虫歯がひどい歯や病状が進行している歯がある場合はその歯を抜歯して健康な歯を残すようにしています。

 

Q矯正装置の種類について教えてください。

歯を3次元的にコントロールするために用いられるのがマルチブラケット装置です。

この装置は歯1本一本にブラケットと呼ばれる固定式の器具を付けるものです。

表側につけるマルチブラケット装置は一時的ではありますが見た目の低下を伴います。

現在ではこの他にもマルチブラケット装置を裏側につけて行う方法もあります。

混合歯列(乳歯と永久歯が混在している時期)に用いる装置は内側に装着しているものが多い傾向にあります。

ブラケットは透明で目立ちにくいプラスチック製のもの歯の色に似たセラミック製のものもあります。

他にはマウスピース矯正や部分矯正もあるので受診す医療機関で相談するのが良いでしょう。

 

Q矯正治療を始める際に注意することはありますか?

矯正治療は今日、明日すぐに始めなければ手遅れになるものではありません。

相談する歯科医師との間に信頼関係を築くことは大切です。

矯正治療は一生に一回のものなのでご自信で納得したものを選択するといいと思います。

の記事一覧

歯の豆知識記事一覧

24時間かんたんインターネット予約はこちら(初診の方のみ)
  • ご予約のお電話はこちら
  • お問い合わせフォームはこちら
カテゴリ一覧category
記事一覧articles
地図・交通案内access

〒737-0076

広島県呉市吾妻2-9-29