食べる喜びを取り戻す、入れ歯治療。

  • 虫歯治療
  • 小児歯科
  • 親知らず治療
  • インプラント
  • 審美歯科
  • 歯周病治療
  • 予防歯科
  • ホワイトニング
  • マタニティ歯科
  • 小児矯正
患者様が驚く痛くない治療の秘密
初めての方へ
精密治療
マタニティ歯科
小児矯正
歯の豆知識
診療科目subject
医院メニューmenu

食べる喜びを取り戻す、入れ歯治療。

2019年05月31日│院長・スタッフ│

歯科では虫歯や歯周病などで失われてしまった歯を人工的に補う治療のことを補綴治療と呼んでいます。

補綴治療の中でも失われた歯を補う治療として代表的なものとして「入れ歯治療」があります。

失った歯を補う治療としてインプラント(人工歯根)治療があるが費用面や外科手術による身体的不安を感じる人は入れ歯治療を選ぶことがあります。

また要介護者の場合、入れ歯のほうがインプラント治療に比べて丁寧な口腔ケアを行いやすく、長期的な口腔機能の維持や誤嚥性肺炎を予防しやすい面もあります。

 

入れ歯は一部の歯を補う部分入れ歯と、片側一本も歯のない総入れ歯に分けられます。

いればの構成要素として外枠、金属のバネ、などの固定手段、人工的な歯の3つから作られています。

ただ素材は自由診療と保険診療の場合で大きく違ってきます。

例えば保険診療において外枠の素材として使われている樹脂は安価である反面入れ歯全体が分厚くなってしまいます。

それに対して自由診療であれば上部で薄い金属の素材を使うことができ、結果異物感を押さえることができ、温度が伝わりやすくなって食事の時の感覚も本来の歯に近づきます。

 

入れ歯の固定方法も磁力で固定する方法(磁性アタッチメント)や、茶筒のふたのように金属の内冠に外冠をはめ込んで固定する方法(コーヌスクローネ)など様々な手段があります。

隣接する健康な歯に金属のバネをかける従来法よりも高い固定力を実現することができ、より違和感なく食べ物を噛むことが可能になっています。

 

入れ歯は一つ一つを患者さんの口に合わせて作るオーダーメイド治療になります。

作製の難易度や完成に要する期間もそれぞれ異なってきます。

それも踏まえ患者自身の口に正しく合い長く使うことのできる入れ歯を求めようとすれば、歯科医師としっかり話し合いながら作製する必要があります。

歯科医師は複数回の通院の中で噛み合わせのチェックを行いながら前歯の色や形を確認していきます。

入れ歯が完成した後も何回かかけて調整していき患者1人1人の口に合った入れ歯を作っていきます。

患者さんもあらかじめ重視したいポイントを歯科医師に伝えておくことでより希望通りの入れ歯を手に入れることができるだろう。

 

また入れ歯を作る前には虫歯の治療や歯周病で痛んでしまった歯茎の治療をすることもまた大切になります。

総でなければ入れ歯を作った後に症状が進行して別の歯が抜けてしまいまた作り直すことになりかねません。

 

当院では患者さんの要望を先に伺い、患者さんにあったオーダーメイドの入れ歯を提供しています。

食べれなくて悩んでいる方がおられましたら一度ご連絡いただければ、しっかり応対させていただきます!

 

の記事一覧

歯の豆知識記事一覧

24時間かんたんインターネット予約はこちら(初診の方のみ)
  • ご予約のお電話はこちら
  • お問い合わせフォームはこちら
カテゴリ一覧category
記事一覧articles
地図・交通案内access

〒737-0076

広島県呉市吾妻2-9-29