食べる喜びを取り戻す「入れ歯」治療。

  • 虫歯治療
  • 小児歯科
  • 親知らず治療
  • インプラント
  • 審美歯科
  • 歯周病治療
  • 予防歯科
  • ホワイトニング
  • マタニティ歯科
  • 小児矯正
患者様が驚く痛くない治療の秘密
初めての方へ
精密治療
マタニティ歯科
小児矯正
歯の豆知識
イベント通信
診療科目subject
医院メニューmenu
求人募集recruit

食べる喜びを取り戻す「入れ歯」治療。

2018年12月13日│院長・スタッフ│

歯科で失われた歯を人工的に補う治療法としてよく知られているものに「入れ歯治療」がある。

インプラント治療が知られるようになった現在でも費用面や外科手術による身体的負担を不安に感じている人は多い。

また要介護者の場合、入れ歯のほうがインプラント治療に比べて丁寧な口腔ケアを行いやすく長期的な口腔機能の維持や誤嚥性肺炎の防止などを目指しやすいケースがある。

こうした点から失った歯を補う手段として入れ歯は選択肢の一つになっている。

 

入れ歯は一部の歯を補う「部分入れ歯」と顎の全ての歯が無くなった時に用いる「総入れ歯」に分けられる。

どちらも一般的には外枠、金属のバネなどの固定手段、人工的な歯の3つから作られている。

ただ素材は自由診療の場合と保険診療の場合で大きく異なっている。

例えば保険診療の場合外枠の素材として使われている樹脂は安価である反面入れ歯全体が分厚くなってしまう。

それに対し保険外診療であれば、丈夫で薄い金属の素材を使うことが可能です。

それによって異物感を抑えることができ、温度が伝わりやすくなって食事の時の感覚も本来の歯に近づきます。

 

入れ歯の固定方法も磁力で固定する方法(磁性アタッチメント)や、茶筒の蓋のように金属の内冠に外冠をはめ込んで固定する方法(コーヌスクローネ)など様々な手段が登場しています。

隣接する健康な歯に金属のバネをかける従来法よりも高い固定力を実現することができ、より違和感無く食べ物を噛むことが可能になっている。

 

入れ歯は一つ一つを患者の口に合わせて作成していくことになる。

作成の難易度や閑静にかかる期間もそれぞれ異なってくる。

それを踏まえて患者自身の口に正しく合長く使うことのできる入れ歯を求めようとすれば、歯科医師としっかり話し合いながら作成していく必要があるだろう。

歯科医師は複数回の通院の中でかみ合わせのチェックを行いながら、前歯の色や形を確認して行きます。

入れ歯が完成した後も何回かかけて調整していき、患者1人1人の口に合った入れ歯を作っていきます。

患者もあらかじめ重視したいポイントを歯科医師に伝えておくことで、より希望の入れ歯を手に入れることができます。

 

また入れ歯を作る前には、虫歯の治療や歯周病で痛んだ歯茎を治療することが大切です。

そうでなければ入れ歯を作った後に症状が進行して別の歯が抜けてしまいまた作り直すことになりかねません。

入れ歯の作成や事前の虫歯、歯周病治療など含め何回くらいの治療が必要になるかなどあらかじめ歯科医師に相談しておくといいでしょう

 

当院でも「入れ歯」治療は行っています、もし悩んでいることあれば相談してください!

 


Warning: array_shift() expects parameter 1 to be array, boolean given in /home/sites/heteml/users/c/o/n/consuldent/web/fukami-shika.jp/cmsfukami/wp-content/themes/fukami/single-knowledge.php on line 295

の記事一覧

歯の豆知識記事一覧

24時間かんたんインターネット予約はこちら(初診の方のみ)
  • ご予約のお電話はこちら
  • お問い合わせフォームはこちら
カテゴリ一覧category
記事一覧articles
地図・交通案内access

〒737-0076

広島県呉市吾妻2-9-29